読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qui va loin ménage sa monture.

一口馬主の愛馬の話題を中心に、日々のよしなしごとを書き連ねています。

ベルプラージュ 母に並ぶ3勝目

一口馬主
いや〜、トレヴ凱旋門賞3連覇はなりませんでしたね。
折り合いは許容範囲で脚も溜められて、あとは直線で弾けるだけかと思いましたが…。
ペースが遅かったせいか、前もなかなか止まりませんでした。
トレヴのペースメーカーはなんでもう少し速い流れで逃げなかったんでしょうかね〜。
ただ勝ったゴールデンホーンは強い。
というかデットーリが上手かった。
折り合いの難しい馬を先行させながら我慢させていましたね。
さすが世界のデットーリ、という乗り方でした。

さて愛馬の方はと言うと、ベルプラージュが見事に3勝目をあげてくれました!
前走は案外なレース内容でしたが、しっかり立て直せば大丈夫だと信じていました。
一度は勝ち上がっているクラスですからね。
乗り慣れた吉田豊騎手に戻ったのも良かったかもしれません。
これで母ベルフィーチャーに並ぶ3勝目です。
次は再び1000万下での戦いとなります。
グッとレベルは上がるので簡単ではないと思いますが、降級前は差のないレースもしていました。
展開次第では上位争いに加わってくれるでしょう。

一方、ウインアキレアの方は残念な結果でした。
大外や馬場が災いしたというより、やはり疲れが溜まってたんじゃないですかね。
なんか前日の姉マイネヴァリエンテと同じような印象です。
夏から使い詰めなので2頭ともここでゆっくりリフレッシュして欲しいです。