読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qui va loin ménage sa monture.

一口馬主の愛馬の話題を中心に、日々のよしなしごとを書き連ねています。

ガチンコ対決

このところ仕事の担当異動などで心身ともに余裕がなく、愛馬の出走を振り返る時間があまりありません。
ちゃんとレースは見てますけどね。
もう少し経ったら時間もできると思うんですが。

明日はウインベントゥーラとマイネヴァリエンテの2頭が出走します。
しかも同じレースに…。
私の記憶が確かならば愛馬のガチンコ対決は初めてですね。
できれば避けて欲しかったですが。
前に行くヴァリエンテと後ろから行くベントゥーラ。
対照的な2頭ですね。
できれば枠は逆が良かったな〜。
希望はワンツーフィニッシュですが、お互い持ち味を生かしたレースをして欲しいです。

今週は3頭が特別レースに出走

今週は3頭の愛馬がいずれも特別レースに出走します。

まずは土曜阪神ききょうSに出走するウインムート。

札幌の新馬戦を快勝し、その後はここを目標に調整されてきました。

今回は1400mということですが、血統的に距離短縮は問題ないでしょう。

栗東入厩後も調子は良さそうですね。

特に今週の坂路での追い切りは52.0→37.3→24.4→12.1の加速ラップを刻んでいます。

時計の出やすい馬場状態だったのでしょうが、2歳馬でこのタイムが出るのは能力のある証拠だと思います。

新馬戦は逃げ切っての勝利でしたが、陣営は今回は控える競馬も示唆していますね。

内枠なのでまた逃げる可能性もありますが、今後の事を考えると前に馬を置いたレースも経験させたいところです。

岩田騎手ならインから抜けてくることも可能でしょう。

相手も良い勝ち方をしてきている馬が何頭かいますが、レースが楽しみです。

 

続いて土曜中山の茨城新聞杯に出走するホワイトフリート。

新潟での前走は4コーナーで不利を受けて大敗してしまいました。

幸い怪我は無かったようですが、暑さを避けるためにもここまで間隔を空けました。

いつも控えめなコメントの久保田先生なので、調子が良いのか悪いのかはよく分かりません(笑)

直前の追い切りは重賞に出走するオープン馬に煽られましたが、しっかり走れていたと思います。

中山の1800mというのは2勝しているコースですし、相性は良いはずです。

そして鞍上も好相性の横山典騎手です。

力を出し切れればこのクラスでも勝ち負けできると思うんですけどね。

ただ力の要る馬場が合っていそうなだけに、この雨と当日の馬場状態が気になります。

 

最後は日曜中山の芙蓉Sに出走するストロングタイタン。

まさかの芝のデビュー戦をまさかの楽勝で飾ってくれました。

一度放牧に出るかと思いきや、一転して芝での続戦となりましたね。

今年の中山は適度に力の要る馬場ですし、小倉よりは合っているかもしれません。

距離的にはギリギリな気がしますが・・・。

相変わらず坂路の動きは抜群で、今週も古馬オープン馬を可愛がっていたようです。

ここも少頭数ながら超良血馬もいますし、なかなか強力な相手関係です。

ただ池江先生はやたらと強気なコメントをしています。

十分通用するという判断ですかね?

スローの瞬発力勝負になると分が悪いと思うので、前々で積極的なレースをして欲しいですね。

三浦騎手、そこのところをよろしくお願い致します!

ベルプラージュ 案外な敗戦

中山の8Rに出走したベルプラージュは1番人気に応えられず、まさかの10着でした。

う~ん、敗因がイマイチ掴めませんね。

蛯名騎手のコメントでは最初から行きっぷりが良くなかったようです。

たしかに最初のコーナーまでに気合を付けてポジションを取りにいってましたね。

見た目にはよく分かりませんでしたが、先行勢が総崩れだったので厳しい流れだったのかもしれません。

馬券的にも大荒れでしたし、結果的には人気が無く気楽に後ろで構えていた組に流れが向いたのでしょう。

今回はメンバー的にもチャンスだと思っていましたが、そういう時に限ってこうなってしまうんですよね・・・。

まあこれが実力ではないと思うので、また次回に期待したいです。

 

残念ながら明日は仕事で競馬は見れませんが、来週は愛馬の出走予定が盛り沢山です。

26日にはウインムートとホワイトフリート、27日にはストロングタイタンの3頭がスタンバイしています。

特に2歳馬の2頭は新馬勝ち後の2戦目なので、今後を占う意味でも注目のレースですね!

ベルプラージュ 得意の右回りで勝利を!

今週は1頭のみ、ベルプラージュが明日の中山で出走します。
前走はこの馬らしい走りを取り戻しての2着。
1回使ってきっと状態は上向いているでしょう。
今回は過去2勝を挙げている右回りの中山です。
そういえば昨年NF天栄に見学に行った時、スタッフさんが筋肉の付き方からすると右回りの方が得意そうって言ってたような…。
前回の中山でのレースは落馬の煽りを受けましたが、あれがなければ結構良いレースをしていました。
鞍上は蛯名騎手にスイッチ。
スタートを決めて、前々で運んで欲しいと思います。
このクラスは1回勝ってますし、そろそろ決めたいところですね!

出資馬紹介(キャロット)

キャロットの1次募集が締め切られ、抽選結果が発表されました。

今年はちょうど肝心な時期に仕事でバタバタしていて、あまり時間を掛けて吟味が出来ませんでした。

それでもカタログを眺めて、血統表を眺めて、限りある時間の中で1頭だけ申込み、出資が叶いました。

それは、リッチダンサーの14です。

正直、ディープ産駒とかその他のリーディング上位の種牡馬の産駒も惹かれました。

恐らく検討して踏み切れなかった馬達の中に活躍する馬もいると思います。

でも価格と、それに対する期待値を考えるとなかなか踏み切れなかったですね。

今回は初めてのゼンノロブロイ産駒となります。

正直、産駒は鈍重なイメージがありますが、牝馬は割合活躍してますからね。

それに具体的な配合の良さはわかりませんが、全姉のバウンスシャッセは重賞戦線で活躍しています。

きっと父系のアメリカンな血統と母系のヨーロピアンな血統がうまい具合に噛み合っているのでしょう。

馬体的にはまだまだ成長の余地を残しますが、少しでもお姉さん達に近付いて欲しいですね。

アヴニールマルシェでお世話になっている藤沢先生は賛否ありますが、育成方針にはそんなに違和感はありません。

きっとポグの方々には物足りないんでしょうけど。

というわけで、もしかしたら早い時期からバリバリというタイプではないかもしれませんが、じっくり成長を待ちたいと思います。

シルクカタログ到着!

仕事でバタバタしているうちにキャロットの一次募集が締め切られました。
忙しい中でもちゃんと申込みしましたよ〜!
残念ながらあまりゆっくり検討する時間はありませんでしたけど…。
とりあえず今年のキャロットは1頭だけ。
結果を静かに待ちたいと思います。

そうこうしている間にシルクのカタログも到着しました。
忙しいですね〜(笑)
ここまでを振り返ると、今年はウインで1頭出資済み。
そして今回キャロットで1頭申込み。
キャロットの1頭が無事に出資が決まれば、今年はこの計2頭で満足です。
というわけで今年もシルクは人気馬の抽選にダメ元で突撃作戦です!
何度も言うようにクラブの思惑通りにお布施を積むつもりはありません。
抽選が通ったらラッキー的なノリで挑みます。
突撃する馬はブラックエンブレムの14に決めてました。
母はG1馬ですし、上の兄姉も勝ち上がっています。
それにディープ産駒で母系にVaguely Nobleが入る馬は結果を出しています。
恐らく3本の指に入るくらい応募が殺到するでしょう。
失う物は何もないので、気楽に大抽選大会に参加したいと思います!

でもシルクは意外と残り物と相性が良いんですよね。
今までローブデソワとストロングタイタンの2頭に出資していますが、両方ともが新馬勝ちしてくれています。
抽選にならなそうな馬のチェックも怠らないようにしないといけません。

マイネヴァリエンテ 積極的なレースも3着

マイネヴァリエンテは今日も惜しい3着でした。
今回はなんと逃げの手に出ましたね。
ちょっとビックリしましたが、開幕週の馬場ですから好判断だったと思います。
直線でも半ばまで持ったままでしたからドキドキしました。
やっぱり最後は阪神の坂が響きましたかね〜。
それでもズルズルは下がらずに、しっかり粘って3着をキープ。
根性を見せてくれましたが、やっぱり勝ちたかったな〜。
幸騎手は今回も会心の騎乗をしてくれたんですけどね。
ヴァリエンテといいアキレアといい、父コンデュイットのこの姉妹は善戦はするもなかなか勝ち切れません。
1つ勝てると上のクラスでも同じような競馬ができると思うんですが。
う〜ん、もどかしい。