読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qui va loin ménage sa monture.

一口馬主の愛馬の話題を中心に、日々のよしなしごとを書き連ねています。

2015年を振り返って

一口馬主

超久し振りの更新になってしまいました。

9月に入った頃から仕事が超絶忙しくなり、blogを更新する意欲が湧かない状態でした。

愛馬の走りはもちろん、競馬はちゃんと見てたんですけどね。

まだまだ仕事は落ち着きませんが、年末年始は少し時間があります。

そこできちんと愛馬の頑張りは振り返っておきたいと思います。

 

上半期、下半期でそれぞれ成績を振り返ってみると・・・

<上半期>

1着=2回 2着=3回 3着=3回 4着=4回 5着4回 着外=24回

<下半期>

1着=4回 2着=3回 3着=3回 4着=3回 5着3回 着外=19回

という結果でした。

数字だけ見ると例年通り下半期の方が良かったですね。

ただちょうど仕事が忙しくなった頃から愛馬の成績も下降気味に・・・。

そして結局12月は5着以内ゼロという完全な尻つぼみ状態でした。

出資者の運気が愛馬達にも悪影響を及ぼしたのでしょう(笑)

過去5年では勝率も一番悪い結果になってしまいました。

今年は2勝以上挙げた馬はおらず、MVPも該当なしですね。

来年はぜひ巻き返したいところです。

特に今年の2歳馬2頭は共に新馬勝ちしたように能力はあるはずです。

その後の結果は案外ですが、立て直して来年は再び勝ち星を挙げて欲しいですね。

もちろん古馬勢にも奮起を促したいですが・・・。

 

年明けの愛馬の出走は1月10日あたりからとなりそうです。

その前に東西の金杯を当てて、来年こそは良い流れを引き寄せたいですね。

ウインベントゥーラ 新潟へ遠征

一口馬主
前走の復帰戦は直線で前が狭くなるも、なんとか5着を確保したウインベントゥーラ。
中2週で明日の新潟競馬に出走します。
中間は輸送を考慮した軽めの調整ですが、調子は維持できていそうです。
ポイントは初めての左回りですかね。
こればっかりはやってみなけりゃ分かりません。
軽めの綺麗な芝は合っていると思うので、左回りさえ問題なければ力を発揮できると思うんですけどね。
津村騎手には出遅れに注意して、長い直線で自慢の末脚を炸裂させてもらいましょう
血統的なポテンシャルはこのクラスでは上位のはずです。
前走の鬱憤を晴らして、スカッと勝って欲しいですね!

ローブデソワ 鼻出血再発で引退

一口馬主
無事に除外の権利をゲットして、復帰戦に向けて怠りなしと思われていたローブデソワ。
しかし今週の追い切り後、鼻出血を再発してしまい無念の引退となってしまいました。
まだまだこれからの馬だと思っていただけに残念ですね。
無事なら来年はオープンや重賞でも良いレースをしてくれていたはずです。
それでもここまで9戦して4勝、2着1回と素晴らしい成績を残してくれました。
シルクでは初めての出資馬でこれだけ活躍してくれたので感謝でいっぱいです。
今後は繁殖牝馬として良い子供を送り出して欲しいね。
お疲れ様でした!

ウインムート もみじSに出走

一口馬主
今週は明日のもみじSにウインムートが出走します。
前走はあえて控える展開を試みたものの、結果的に味気ないレースになってしまいました。
馬群に揉まれるのも良い経験になったでしょう。
それでも勝ち馬とはそれほど着差もありませんでしたし、まずまずの走りだったと思います。
ただある程度は馬の行く気に任せて前に付けた方が持ち味が生かせそうですね。
今回も少頭数ですしペースも上がらないと思うので、積極的な競馬をして欲しいです。
岩田騎手もその辺は意識してくれると思いますが。
調子は引き続き良さそうですし、好レースを期待しています!

これにて打ち止め

一口馬主
シルクの抽選結果が発表されました。
ブラックエンブレムの14は見事に外れ。
まあダメ元でしたからね〜、仕方ない。
それにしても凄い倍率でしたね。
当選確率としては大体10人に1人ですか。
シルクが今の抽選方法を続ける限り、この状況は来年も続くでしょう。

というわけで今年の出資は
コスモヴァレンチの14(ウイン)
リッチダンサーの14(キャロット)
の2頭で打ち止めです。
牡馬牝馬1頭ずつですし、関東関西1頭ずつなのでバランスも良いですね。
今年の2歳馬はいずれも新馬勝ちしてくれましたし、来年はこの2頭に期待したいです。
まずは怪我なく、すくすくと育って欲しいですね。

ベルプラージュ 母に並ぶ3勝目

一口馬主
いや〜、トレヴ凱旋門賞3連覇はなりませんでしたね。
折り合いは許容範囲で脚も溜められて、あとは直線で弾けるだけかと思いましたが…。
ペースが遅かったせいか、前もなかなか止まりませんでした。
トレヴのペースメーカーはなんでもう少し速い流れで逃げなかったんでしょうかね〜。
ただ勝ったゴールデンホーンは強い。
というかデットーリが上手かった。
折り合いの難しい馬を先行させながら我慢させていましたね。
さすが世界のデットーリ、という乗り方でした。

さて愛馬の方はと言うと、ベルプラージュが見事に3勝目をあげてくれました!
前走は案外なレース内容でしたが、しっかり立て直せば大丈夫だと信じていました。
一度は勝ち上がっているクラスですからね。
乗り慣れた吉田豊騎手に戻ったのも良かったかもしれません。
これで母ベルフィーチャーに並ぶ3勝目です。
次は再び1000万下での戦いとなります。
グッとレベルは上がるので簡単ではないと思いますが、降級前は差のないレースもしていました。
展開次第では上位争いに加わってくれるでしょう。

一方、ウインアキレアの方は残念な結果でした。
大外や馬場が災いしたというより、やはり疲れが溜まってたんじゃないですかね。
なんか前日の姉マイネヴァリエンテと同じような印象です。
夏から使い詰めなので2頭ともここでゆっくりリフレッシュして欲しいです。

日曜は牝馬2頭に期待

一口馬主
今日の愛馬ガチンコ対決は5着、7着という結果でした。
ウインベントゥーラは課題のスタートを決めて、内でしっかり脚を溜められました。
直線を向いた時には十分手応えがありそうでしたが、前が壁でちょっと窮屈になっちゃいましたね。
最後はもう一度伸びてただけに、勿体無いレースになってしまいました。
マイネヴァリエンテはちょっと疲れがありましたかね〜。
前走は牝馬限定戦で今回は混合戦ですから、確かに相手も強かったですね。
外枠も響いた感じです。
あ〜本当にベントゥーラとヴァリエンテの枠が逆だったら…(笑)

明日は東西で牝馬2頭が出走します。
中山ではベルプラージュ
期待された前走は不可解な走りで大敗してしまいました。
どうやら精神面がうまくいってなかったようですね。
今回は調教でも変な面は見せてないようですし、陣営も大丈夫だとコメントしています。
仕切り直しとなれば、このクラスでは能力上位のはずです。

阪神ではウインアキレアが出走します。
北海道シリーズの3戦では掲示板は確保するものの、勝ち切れず。
メンバーレベルも結構高かったですからね。
今回は疲れが残ってないかが心配です。
力を出し切れる状態なら十分勝てる力はあると思います。
そろそろ惜しいレースではなくて、スカッとするレースが見たいです。